グルコサミンを摂取しよう|やわたなら間違いない

50歳付近になってきたら

錠剤

女性特有の病気

更年期障害は平均50歳の女性がかかる症状で、閉経の時期に起こるといわれています。卵巣機能が衰え、女性ホルモンバランスが崩れさまざまな症状を引き起こします。例えば・のぼせ、ほてり・動悸、めまい・うつ、イライラ・疲れ、ストレス・睡眠障害・頭痛・肩こり・冷え性などが挙げらます。更年期を迎えれば誰にでも起こる症状といえども、つらい時期には違いなく、人によって症状の重さ、期間も違います。あまりにも更年期障害の症状が重い、長い場合は心身への影響が心配されることから病院へ行き改善する必要があります。これらの症状は薬や漢方薬で軽減することが出来ますが、即効性があり効果が高いものは薬です。漢方薬は飲み続ければ体質改善しますが長期的に飲み続けることが必要です。薬は主にホルモンを調整する薬、気の薬を処方されます。

病院での治療

病院によって方針が違うので出す薬も同じではありませんが、一般的にホルモン補充する治療法が主流です。注射によるホルモン投与、ピルでホルモンバランスを調整します。更年期障害の症状は長期化すると内臓機能へも影響します。ホルモンバランスを整えることにより症状が軽減するだけでなく、病気を予防することもできます。うつ病など精神的にも悪影響が出るため、健やかな心を保つためにも早めの治療が求められます。ホルモン補充薬はエストロゲン剤、黄体ホルモン製剤、エストロゲン黄体ホルモン製剤などがあります。更年期障害は薬の他にも生活習慣の見直し、亜鉛やカルシウムなどのミネラルやビタミンなどを積極的に摂取していく指導がされることもあります。