グルコサミンを摂取しよう|やわたなら間違いない

疲れ目を癒やす方法

目の疲れ

目の疲れを予防するには

パソコンやスマホの使いすぎで目が疲れる事があります。そのままにしておくと酷い頭痛になる事もあります。これは目の使い過ぎによりストレスがかかり疲労が溜まっている眼精疲労が原因です。眼精疲労は一度なってしまうとなかなか治りません。そうならないように目に優しい生活を送る事が大切です。ですがパソコンを使うような仕事をしている場合は気をつけていてもどうしても目を使い過ぎてしまう事があります。そうならないように眼精疲労に効果的な栄養素を摂るようにしましょう。眼精疲労に効く栄養素はアントシアニンやビタミンA、B群、C、EやルテインやDHAやタウリンなどです。これらの栄養素を積極的に摂っていくと眼精疲労の予防にもなります。

目に優しい食材

眼精疲労に効果的な栄養素はどのような食物に含まれているのでしょうか。目に優しい事で有名なブルーベリーにはアントシアニンがたくさん含まれています。目が疲れがちな人はブルーベリーが入っている食物を取り入れるといいでしょう。緑黄色野菜にはルテインが多く含まれています。それだけでなくビタミンも豊富です。特にほうれん草にルテインが多く含まれているのでおひたしなどにして一品加えると良いでしょう。タウリンは貝類やタコやイカにもたくさん含まれています。タウリンが眼精疲労だけでなく身体の疲労にも効果があるとても嬉しい栄養素です。ビタミンA、B群が豊富に含まれているのはレバーです。レバーには鉄分や葉酸などの身体に良い要素がたくさんあるので積極的に摂るようにしましょう。これらの食材をバランス良く摂る事で眼精疲労の予防になりますが、一番良いのは目を酷使しない事です。1時間作業をした後は10分ほど目を休めるというように意識して休憩をとるようにしてください。